クリニックブログ

2021.06.28更新

こんにちは!

 

「インプラントのところが動いている」

 

ということがあります。

 

この「動いている」のが

 

どの部分かが

 

最も大事なことになります。

 

インプラントは

 

複数の部品で構成されています。

 

①フィクスチャー(骨に入っているネジ部分)

 

②マルチアバットメント(連結する時に使う中間部品)

 

③アバットメント+上部構造(差し歯部分)

 

これがスクリュー固定の構造です。

 

セメント固定では

 

アバットメントと上部構造が別になっていますが

 

当院では

 

ほぼスクリュー固定しかしません。

 

メリットが多いですからね。

 

※理由はまた後日お伝えします

 

この部品のうち

 

③の部分のネジが緩んで

 

動いているということが最も多いですね。

 

というか

 

ほとんどです。

 

このネジはかなり細いので

 

横向きの力が強くかかると

 

緩んでくることがあります。

 

逆に言うと

 

緩んでくれるおかげで

 

破折を防ぐことができます。

 

ここが緩んで動いている場合は

 

痛みはありません。

 

 

②が緩んでくることは

 

ほとんどありません。

 

しっかり締めてありますからね。

 

1番マズイのが

 

①が緩んでいる状態です。

 

本体が緩んでいる=撤去

 

となってしまいます。

 

これは

 

インプラント周囲炎が進行したり

 

過度に強い力がかかったりしたときに

 

起こり得ます。

 

定期的にメンテナンスしていれば

 

防げる問題ともいえます。

 

ここが緩んでいる場合は

 

噛むと違和感があったり

 

痛みがあったりします。

 

どこが緩んでいたとしても

 

インプラントが動いている場合は

 

できるだけ早めに受診されてください。

 

③だったとしても

 

放置していると

 

破折したり①になってしまう可能性があります。

 

当院では

 

他院で入れたインプラントに対してのリカバリーも

 

行っています。

 

お困りの方は

 

結構多いですからね。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ