ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは?

「ドックスベストセメント」とは、アメリカで開発された新しいむし歯の治療法です。

従来のむし歯治療は、むし歯のある部分を削って修復しますが、ドックスベストセメントは「むし歯を削らないでミネラルで殺菌する」という画期的な治療法となります。

生涯にわたってご自分の歯を健康に保つためには、できるだけ歯を削らない・抜かないことが大切です。

ドックスベストセメントであれば歯にダメージを与えないむし歯治療が可能となります。

※ただし、使用できる条件が限られています。

また、むし歯予防のシーラントにも使用可能です。

※保険適応外の治療法となります。

ドックスベストセメントの安全性について

「ADA(アメリカ歯科医師会)」によって安全な薬剤と認められており、アメリカでは一般的に治療で用いられています。

お子様にも使用可能で、アレルギーが心配な方にも安心です。

ドックスベストセメントのメリット/デメリット

ドックスベストセメントのメリット

  • 中等度のむし歯であっても削らずに治療できる

ドックスベストセメントを用いた治療では、歯をまったく削らない、もしくは従来よりもかなり少ない範囲を削るのみで、むし歯の治療が可能となります。

多くの場合、麻酔を使用せずに治療ができます。

  • 神経を取らずに治療できる

神経を取ると歯が弱くなり、寿命が短くなってしまいます。

ドックスベストセメントを使用すれば、神経を取らなければいけない大きなむし歯でも、神経を取らずに治療ができることもあります。

  • お子様の歯へのダメージを抑える

お子様のうちから歯を削ったり、神経を取る治療を行えば、歯へのダメージが後々で影響してくるリスクがあります。

このことからもドックスベストセメントは、お子様のむし歯治療において大きな役割を果たします。

  • 永続的な殺菌効果が期待できる

ドックスベストセメントは永続的な殺菌効果を持つため、むし歯の再発のリスクが大幅に抑えられます。

ドックスベストセメントのデメリット

  • 保険適応外の治療になるため、保険治療に比べて費用が高くなる
  • むし歯になった部位や程度、症状などによって適応にならない場合があり、成功率も100%ではない
  • 詰め物や差し歯の内側にむし歯ができてしまった場合は、麻酔が必要になり、削らないといけない

ドックスベストセメントの流れ

STEP①むし歯の大きさや程度、状態を診断する

  • 問診や視診に加え、レントゲンや口腔内カメラなどを使用してむし歯の範囲や進行具合などを正確に診断します。

STEP②むし歯の部分が露出するように処置する

  • むし歯の部分に直接治療ができるよう、詰め物や被せ物がある場合はそれらを取り除きます。
  • また歯と歯の間にできたむし歯の場合は、できる限り最小限に歯の部分を削る場合があります。

STEP③むし歯の表面を洗浄する

  • むし歯のある部分には歯垢や汚れなどが溜まりやすくなっているので、薬剤を使って洗浄を行います。
  • ※STEP①~③までは通常のむし歯治療とほとんど同じ流れです。

STEP④むし歯菌を殺菌する

  • むし歯菌に感染している歯の部分に、ドックスベストセメントを詰め、銅イオンを浸透させてむし歯菌を殺菌します。

STEP⑤最終的な詰め物を入れる

  • むし歯がなくなるまで定期的にチェックを行います。(約6ヶ月間隔)
  • むし歯がなくなった段階で、ドックスベストセメントを除去し、詰め物や被せ物をします。

ドックスベストセメントの費用

ドックスベストセメント ¥15,000~30,000

※費用は税込です。

・治療期間は約6~12ヶ月です。

・治療回数は2~5回です。

ドックスベストセメント + シーラント ¥3,000

※費用は税込です。

・治療回数は1回です。

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    9:30~13:00 -
    14:30~20:00 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    14:30~18:00 9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ