クリニックブログ

2020.07.11更新

 抜歯

こんにちは!

 

上のレントゲンのように、

 

歯と歯の間の1本がダメになってしまい、

 

抜いた後にどう治療するか、

 

というケースは結構多いです。

 

このケースでの治療法は3つあります。

 

①インプラント

 

②ブリッジ

 

③入れ歯

 

歯と歯の間の1本がない状態であり、

 

取り外し式の入れ歯はメリットがほぼないので、

 

③は選択肢にはまず入れません。

 

そこで、

 

①のインプラントか、②のブリッジとなりますが、

 

こういったケースは

 

インプラントが適しています。

 

隣の歯はむし歯はありますが天然歯であり、

 

神経が残っている状態なので、

 

できるだけダメージを少なくしたい。

 

インプラントにすれば、

 

隣の歯はむし歯を取って白い樹脂で埋めるだけで済みます。

 

ブリッジにするとなると、

 

隣の歯を全体的に大きく削る必要があります。

 

削った刺激で痛みやしみる感じが生じる恐れがあり、

 

最悪、神経を取らざるを得ない状況になることも。

 

ダメージがすごく大きいんです。

 

負担も1.5倍ずつ増えますしね。

 

さらに、

 

保険のブリッジだと色や形も不自然になってしまいます。

 

保険外のブリッジだとキレイにできますが、

 

歯へのダメージは大きいですし、費用的にもインプラントとほぼ同じなので、

 

おすすめはできません。

 

もし、両隣の歯が神経を取ってあって、かみ合わせに問題がなければ、

 

ブリッジでもいいと思います。

 

インプラントは保険がききませんし、

 

外科処置になりますが、

 

その分のメリットが大きいです。

 

「安いからブリッジで」というのではなく、

 

長い目で見て、しっかり考えた上で選択するようにしましょう。

 

削った歯は、もう元には戻りませんので・・・

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ