クリニックブログ

2022.11.24更新

こんにちは!

 

むし歯が深い場合でも

 

できるだけ神経は残した方がいいです。

 

それはみなさんご存知でしょう。

 

神経ギリギリであれば

 

神経を保護する薬剤を入れて

 

治療をすることになります。

 

 

デメリットもありはします。

 

それは

 

神経が石灰化してしまうことがある

 

深いむし歯がある場合

 

防御機構として

 

神経をむし歯から遠ざけようとします。

 

歯髄の中にある細胞が

 

神経を石灰化させていくんですよね

 

長い時間かけて。

 

神経を保護したとしても

 

その細胞が活性化するため

 

石灰化が起こります。

 

「石灰化したらダメなの?」

 

ということになりますが

 

通常は問題ないです。

 

 

問題となるのが

 

根っこの先に病変ができた場合

 

です。

 

石灰化していると

 

器具が入らないので

 

病変にアプローチできません。

 

外科的に治療するしかなくなります。

 

神経を残せたものの

 

長期間経過して

 

なんらかの原因で根っこの先に膿が溜まってしまった

 

このようなケースは

 

神経残さずに取っておけばよかったかも・・・

 

となり得ます。

 

なんとも難しいところです。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日:水曜・日曜・祝日
    ※第一日曜のみ診療
    9:30〜12:45/13:30~16:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ