クリニックブログ

2020.02.24更新

こんにちは!

 

当院では外科処置が多いんですが、

 

出血を伴う処置となります。

 

口の中に傷ができるということなので、

 

注意するべきことがあります。

 

まずは止血を確実にすることが第一です。

 

血が止まらないと大変ですからね。

 

血液をサラサラにするお薬を飲んでいるなどで

 

出血傾向が高い状態にある患者様は、

 

特に緊密に縫合したり、

 

レーザーをあてたりなど、

 

止血を十分にしてから処置を終えるようにしないといけません。

 

次に、感染しないようにすることが重要です。

 

傷口から感染してしまうと、

 

術前より余計状況が悪化することもあり得ます。

 

特に注意しないといけないのは、

 

糖尿病、喫煙者、そして骨粗鬆症の患者様です。

 

糖尿病は、

 

感染を起こしやすくなっていますので、

 

まずは主治医の先生に確認をして、

 

外科処置が可能かどうか判断しないといけません。

 

可能であれば、

 

治療前に抗菌薬を飲んでもらったり、

 

傷口を完全に閉鎖するなど、

 

慎重に治療を行います。

 

喫煙者は、

 

血流が悪くなるので

 

傷口の治りが悪くなったり、

 

インプラントは骨にくっつきにくくなってしまいます。

 

できるだけタバコを止めてもらうか、

 

本数を減らしてもらうことになります。

 

結構、喫煙者の患者様の処置がはシビアなんですよね。

 

そして、

 

骨粗鬆症。

 

この病気を治したり予防したりするために、

 

「ビスフォスフネート製剤」という薬を投与されている患者様がいます。

 

この薬は

 

骨の代謝を抑制する作用があるため、

 

感染を起こすと

 

骨が溶けていってしまいます。

 

もし感染を起こしてしまうと、

 

大学病院で診てもらわないといけませんし、

 

毎日のように消毒に通わないといけなくなります。

 

ただし、

 

ちゃんとしたガイドラインがありますので、

 

絶対外科処置ができないというわけではありません。

 

口腔内清掃を徹底的にして、

 

処置前に抗菌薬を飲んでもらったりすれば、

 

外科処置ができることも多いです。

 

この3点以外にも注意事項はありますが、

 

まずはご自身のお体の状況を

 

処置前にしっかりと伝えておくことが

 

1番の予防と言えるでしょう。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ