クリニックブログ

2021.02.26更新

こんにちは!

 

最近では、

 

インビザラインなどの「マウスピース矯正」が流行ってきていますね。

 

透明なマウスピースを使用するので目立たず、

 

治療を希望する患者さんが多いようです。

 

ただ、

 

マウスピースで動かせる歯並びには限界がありますし、

 

装着時間を守らないと上手く動いてくれないので注意が必要です。

 

当院では、

 

以前からある「ワイヤー矯正」をしています。

 

以前からあるといっても、システムは進化しているので、

 

歯並び全体に対して効果が高い矯正治療ができます。

 

が、

 

見た目はよくないですし、

 

微調整のために患者さんにご自宅でしていただくこともあります。

 

その他にも、

 

「拡大装置」や「ワイヤーがついたマウスピース」というようなものもあります。

 

矯正に関しては、

 

先生によって考え方が大きく違います。

 

そのため、ゴールの設定も違うんですよね。

 

いろんな先生と相談して、

 

ご自身が納得できる治療を受けることをおすすめします。

 

結構、

 

「思ったような歯並びにならなかった・・・」

 

という話を聞きますからね・・・

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.22更新

こんにちは!

 

引っ越しで治療途中になったり、

 

ずっと通っていた歯医者に行けなくなったりすることがあります。

 

また自分に合った歯医者を探すのって大変ですよね。

 

特にインプラントを入れたのであれば尚更だと思います。

 

ただ、

 

「他の歯医者で入れたインプラントは絶対に触らない」

 

という歯医者も意外に少なくありません。

 

・・・むしろ、かなり多いのが現状です。

 

インプラントは天然の歯と同じように歯周病になります。

 

いわゆる「インプラント周囲炎」ですね。

 

インプラントは人工物のため、

 

天然の歯よりも感染には弱いんです。

 

メンテナンスは必須なんですが、

 

取り扱ってくれない歯医者が多く、

 

そのうち状態が悪くなってしまっていることも。

 

費用をかけて治療をしたにも関わらず、

 

早期に悪くなってしまえば元も子もありません・・・

 

当院では、

 

他の医院で入れたインプラントもメンテナンス致します。

 

治療の続きやリカバリーも行います。

 

せっかく良い治療なので、

 

長持ちさせたいですよね。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.20更新

こんにちは!

 

もう2021年になって2ヶ月が過ぎようとしています。

 

早いですね!

 

そして、

 

コロナが流行りだしてから1年以上経つので、

 

マスク生活にも慣れてきました。

 

ただ1つ困っているのが、

 

オペ着やグローブが品薄になっていることですね。

 

どちらも歯科治療には必要なものですし、

 

当院では「少しでも汚れたらすぐ交換」を徹底していて

 

毎日山ほど使っているので、

 

ここが悩みどころです・・・

 

オペ着やグローブの需要は絶対になくならないので、

 

国内での生産能力を上げるために雇用を増やすとかすれば、

 

失業率の低下にも繋がると思います。

 

実際の例だと、SHARPがマスクの生産をしていますが、

 

すごく需要があるみたいですね。

 

今後も必要とされる産業が今までと変わってくると思うので、

 

業態転換が必要な企業も多いかと思います。

 

ぜひ、

 

医療の分野にも進出をお願いします!

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.19更新

こんにちは!

 

「CMを見て、インプラントは8万円ぐらいでできると思ってた」

 

という方が稀にいらっしゃいます。

 

インターネットで調べてこられる患者さんはそんなことはありませんが、

 

ネットを使い慣れていない高齢者の方がそういう傾向にあります。

 

率直に言うと、

 

インプラント治療は8万円ではできません。

 

普通は材料代だけで8万円を超えます。

 

適正な相場としては、

 

1本30~50万となります。

 

「安い=差し歯部分は別途料金」

 

ということもあると思いますし、

 

あまりにも相場より安ければ何か理由があるはずなんです。

 

車で例えれば、

 

中古車市場で500万円の車が100万円で売られていたら、

 

何か理由があるはずです。

 

ブランド品で例えれば、

 

20万円のヴィトンの財布が4万円で売られていたら、

 

何かあると思いますよね。

 

少なくとも私なら買いません。

 

治療は自分の身体に施すものです。

 

「1番安いところでする」

 

とか

 

「すぐ治療が終わるところがいい」

 

とか

 

そういう価値観で決めるのであれば、

 

保険で治療した方がいいと思います。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.13更新

こんにちは!

 

歯医者の数はかなり多いです。

 

正直、その中から正しく選ぶのは非常に難しいと言えます。

 

八幡西区だけでも150~200件近くありますが、

 

ちゃんとした治療を受けることができるのは

 

果たして何件なのか・・・

 

私にも詳しくは分かりませんが、

 

2:8の法則からして20%が限度だと思います。

 

私の経験上、

 

研修会や勉強会でお会いする歯医者の先生は限られているので、

 

10%ぐらいが実際のところでしょうか?

 

むしろ10%でも優秀かもしれません。

 

真摯に勉強している先生は、

 

「あ、来てたんですね!」みたいな感じでよく偶然お会いするんですが、

 

いつも同じようなメンツですからね。笑

 

勉強している先生は実際多くはないと思います。

 

以前からお伝えしているように、

 

「優しい先生だから」

 

だけでは全くアテになりません。

 

「人格は素晴らしい先生だけど治療はめちゃくちゃ」

 

ということは山ほど見てきました。

 

ネットの口コミでも歯医者選びは難しいです。

 

変な歯医者に当たらないように気を付けましょう。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.12更新

こんにちは!

 

自分の歯の色についてお悩みがある方は多いかと思います。

 

「他の人に比べるとなんだか黄色い気がする」

 

「昔に比べると黄ばんできた」

 

元々日本人の歯の色は、

 

白人や黒人の人に比べると黄色いので、

 

白さはあまりないんですよね。

 

そして、

 

加齢とともに色も濃くなっていくので、

 

だんだん気になってくるんです。

 

天然の歯であれば、

 

ホワイトニングをすることでかなり白くなります。

 

しばらくすると色は後戻りをしますが、

 

戻ったらまた再開すればいいですし、

 

そのうち後戻りも少なくなってきます。

 

当院のホワイトニングは「ホームホワイトニング」なので、

 

お家で気軽にできますし、

 

マウスピースとジェルを取っておけば、

 

いつでも再開できます。

 

費用は¥21,000で、そんなに高額ではありません。

 

コロナでお家にいる時間が長くなっているので、

 

お家時間を利用してホワイトニングをされる方が増えてきています。

 

ちなみに、

 

差し歯はホワイトニングをしても色は変わりません。

 

気になるようであれば、やりかえが必要となります。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.11更新

こんにちは!

 

当院には、

 

たまに「入れ歯を作るのが上手と聞いたんで来ました!」

 

という患者さんがいらっしゃいます。

 

「ホームページを見て、入れ歯を作ってもらいたくて来ました!」

 

という患者さんもいらっしゃいます。

 

当院はインプラントの患者さんが大半ですし、

 

ホームページにも入れ歯のことはそんなに書いてないんですけどね・・・笑

 

で、

 

「保険の入れ歯」と「保険外の入れ歯」の選択肢があります。

 

大きな違いは「見た目」と「厚み」です。

 

「保険の入れ歯」は、

 

金具を隣の歯などに引っ掛けないといけないので金具が見えます。

 

また、割れないように厚みも1mm以上あるので違和感は大きいです。

 

「保険外の入れ歯」は、

 

歯にひっかける金具が基本的にないですし、

 

見えない内側を金属にすれば厚みは0.5mm程度にできます。

 

ただし、入れ歯であることは変わりませんので、

 

大きさはほとんど同じですし、

 

他の歯に負担をかけるのも同じです。

 

正直、入れ歯はあまりおすすめはできません。

 

するのであれば、

 

「インプラントオーバーデンチャー」がメリットが大きいです。

 

最低限のインプラントを入れて、

 

そこに支えを求めることで、

 

残っている歯への負担を大幅に軽減できますし、

 

大きさもかなり小さくできます。

 

結構好評なんですよね。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.05更新

こんにちは!

 

どんな仕事でも言われることだと思いますが、

 

「若いうちはがむしゃらに働きなさい」

 

確かにそうだと思います。

 

私もそうしてきました。

 

が、

 

過度の残業をしたり、

 

睡眠時間をむやみに削って働くのは、

 

正直ナンセンスです。

 

そんなのは仕事を始めて半年~1年ぐらいで十分です。

 

それ以降も同じようにしているようだと、

 

効率が悪い証拠ですし、

 

身体に鞭打ってまですると体調を崩します。

 

きちんと時間を決めて、

 

メリハリをつけて「がむしゃらに働く」のがスマートです。

 

例えば

 

「年間の休日が10日程度」

 

「毎日9:00~21:00まで診療」

 

「毎日診療後も24時過ぎまで事務作業や練習」

 

という歯科医院、どう思いますか?

 

偉いは偉いですが、

 

私は「そんな状態で治療がきちんとできるの??」

 

と思ってしまいます。

 

クールダウンは絶対に必要です。

 

たとえ仕事が趣味だとしても。

 

1つのことに集中するのは大事ですが、

 

その1つのことだけだと視野は狭くなりますし、

 

いつか必ず何かしら綻びが生じてくると思います。

 

そうならないように、

 

当院も働き方改革をすすめています。

 

従業員の環境改善や、

 

院内が密にならないような予約システムを構築するなど、

 

必ず良い方向へすすんでいけるように

 

試行錯誤しています。

 

委託しても、外部の人はほとんどアドバイスをしてくれないので、

 

自分や身近な人で考えることが大事ですね!

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2021.02.02更新

こんにちは!

 

歯の治療後の痛みって、気になるところですよね。

 

初めて親知らずを抜歯する場合や、

 

初めて神経を取る場合、

 

初めてインプラントをする場合など、

 

痛みがどんな感じなのか1番知りたいところだと思います。

 

いくつかリストアップしてみましょう。

 

 

深めのむし歯で神経を取らずに済んだ

 ↓

治療後の痛みはないか、数日~数週間程度しみたり痛んだりして落ち着くことがほとんど。

 

 

深いむし歯で神経を取ることになった

 ↓

神経を取れば痛みはなくなるが、元々強い痛みが出ていた場合は数日痛むことも。

 

 

根っこの先に膿が溜まっていた

 ↓

膿が完全になくなるまでは、痛みが出る可能性がある。

 

 

通常の抜歯

 ↓

痛みが出ても1~2日で落ち着くことがほとんど。

 

 

埋まっている親知らずの抜歯

 ↓

個人差が大きいので、1日で落ち着くこともあれば、1週間以上痛むこともある。

 

 

通常のインプラント

 ↓

痛みは出ないか、出ても1~2日で落ち着く。

 

 

歯ぐきを開く処置

 ↓

数日~1週間程度痛みが出る。

 

 

もちろん、

 

処置中は麻酔をかけますので、基本的に痛みはありませんし、

 

治療後に痛みが出そうな場合は痛み止めを処方します。

 

 

ただ、強い痛みが出ている歯の治療は、麻酔が効きにくいことも多く、

 

状況次第では先に薬で炎症を落ち着けてから

 

次の来院時に治療に入ることもあります。

 

「痛みが強い=炎症が強い」状態で無理に治療をすると、

 

かえって痛みや晴れが悪化することもあるので注意が必要です。

 

「めっちゃ痛いからなんとかしてほしいのに、薬渡されただけだった」

 

という話を聞くことがありますが、

 

決して治療をしてくれなかったのではなく、

 

まずは薬で強い炎症を抑える、という目的だと思います。

 

また、

 

「歯を削るような処置」よりも、

 

「歯ぐきを触る処置」の方が、

 

痛みが出やすいですね。

 

なんにせよ、

 

症状が出る前に早期発見・早期治療をするのがベストです。

 

定期的に検診とメンテナンスを受けることが、

 

できるだけ痛みを防ぐ1番の方法です。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ