クリニックブログ

2020.03.31更新

こんにちは!

 

もう7回目になりますか。

 

では、今日もやっていきましょう。

 

 

「歯石って、どのくらいの頻度で取ればいいの?」

 

歯石は人によって付き方が違いますし、

 

歯周病の状況によっても違います。

 

①歯みがきが上手で歯石が付きにくく、歯周病も進行していない場合

 

 半年~1年に1回程度でも構いません。

 

②歯周病は進行していないが、歯みがきがイマイチだったり歯石が付きやすい場合

 

 3~6ヶ月に1回は取りましょう。

 

③歯周病が進行している場合

 

 1~3ヶ月に1回は取りましょう。

 

大まかにはこんな感じです。

 

歯石が歯ぐきの内側まで付いてしまっている場合は、

 

麻酔をかけて歯石を取ることもあります。

 

そうならないように、

 

定期的に取った方が結果として楽です。

 

30代以上で

 

1年以上歯石を放置している方は、

 

早めに取らないとヤバイです。

 

最悪、

 

歯を抜かないといけない、

 

ということもあり得ます。

 

ご自身の歯周病の状況が分からない場合は、

 

まずは、

 

歯医者で歯周病検査を受けることが大事です。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.31更新

こんにちは!

 

今回もよくあるご質問にお答えします。

 

 

「国公立大学出身の先生がいいんですか?」

 

率直に言って、

 

全くそんなことはありません。

 

ごく稀に

 

「国公立を出た先生じゃないと見てもらいたくない・・・」

 

という方がいらっしゃいますが、

 

大学を出た後が大事なんです。

 

どんなに優秀な成績だったとしても、

 

卒業後の仕事への取り組み方で

 

歯医者としての能力が変わってきます。

 

極端な話、

 

お世辞にも優秀とはいえない大学で留年しまくり、

 

国家試験にも落ちてしまい、

 

大学入学から10年くらいかけて

 

ようやく歯医者になった人が、

 

卒業後にめきめき力をつけて

 

優秀な歯医者になる、

 

ということもあります。

 

歯学部あるあるですが、

 

大学の講義で

 

「いつも前の席で授業を真面目に受けているやつ」

 

「いつも後ろの席で寝てるか脱走するやつ」

 

がいます。

 

卒業後、

 

「いつも前の席で授業を真面目に受けているやつ」は、

 

そういえばどこにいるか知らんなぁ~

 

みたいなことが多く、

 

「いつも後ろの席で寝てるか脱走するやつ」は、

 

すごく有名になったり、

 

名医と言われる存在になっていることが案外多いですね。

 

私はそんな先生をいっぱい知っています。

 

「偏差値」と「歯医者としての能力」は

 

ほとんど関係がないので、

 

誤解されないよう

 

お願い致します。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.31更新

こんにちは!

 

今回もよくある質問についてお答えします。

 

 

「インプラントとブリッジと入れ歯って、みなさんどれを選ぶんですか?」

 

人による、

 

と言ってしまっては元も子もないので、笑

 

ちゃんとお答えします。

 

当院では、

 

インプラント30%

 

ブリッジ50%

 

入れ歯20%

 

といったところです。

 

ブリッジを選ばれる患者様が多いですね。

 

ただ、

 

健康な歯を削らないといけないケースも多いので、

 

そのことを理解していただいた上で治療をします。

 

当院に来院される患者様は

 

意識が高い方が多く、

 

きちんとお話を聞いていただけるので助かります。

 

次に、

 

インプラントを選択される患者様が多いです。

 

保険外の治療になる、

 

重度の糖尿病などの持病があるとできないことがある、

 

ということから、

 

30%ぐらいとなっています。

 

「保険がきくなら絶対インプラントにするんだけど・・・」

 

とおっしゃる患者様も多いので、

 

インプラントがどういうものかは十分に理解していただいていると思います。

 

そして

 

入れ歯なんですが、

 

ブリッジにする歯が残っておらず、

 

インプラントはできない、

 

という患者様が選びます。

 

積極的に入れたいという患者様は少ないですね。

 

着けたり外したりしないといけませんし、

 

違和感が大きくて使わなくなる患者様もいます。

 

「仕方なく入れる」感じですね。

 

これはあくまでも当院の割合ですが、

 

インプラント治療が多い医院は、

 

だいたいこんな感じだと思います。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

2020.03.30更新

こんにちは!

 

今朝、

 

志村けんさんがなくなったというニュースを見て、

 

衝撃を受けています。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

近頃は、

 

明るい話題が少ないですね・・・

 

仕方がないことですが、

 

ずっと滅入っていると、

 

気持ちが切れてしまうかもしれません。

 

精神的にも健康に過ごすために、

 

少しでも楽しいことが欲しいですよね。

 

私は

 

料理作りながらお酒を飲む、

 

というのが楽しみの一つです。

 

ゲームやマンガも好きなので、

 

ダラダラ引きこもったり。笑

 

最近は暖かくなってきたので、(九州は)

 

庭でバーベキューしたり、

 

洗車したりもしていますね。

 

家にある食材だけを使ったバーベキューもたまにするんですが、

 

新たな発見があって

 

案外楽しいのでオススメです。

 

こんな大変な時だからこそ、

 

スマホやテレビで1日中ニュースを見て悲観するだけじゃなく、

 

少しでも「フッと」息抜きできる何かを

 

見つけることも大事だと思います。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.30更新

こんにちは!

 

安部首相いわく、

 

「今は緊急事態宣言を出すかどうかの瀬戸際」

 

らしいですね。

 

「このまま長期化することを覚悟しておいて」

 

と言ってますし。

 

医療者からすると、

 

瀬戸際の段階で出すものだと思いますが・・・

 

だって、

 

例えば

 

「歯周病の状態が悪くて、抜くかどうかの瀬戸際」

 

のときに、

 

「ヤバいから、直ちに治療をすすめる」のか、

 

「まだ何とかいけそうだから、もう少し様子を見てみる」のか、

 

それと同じような感じではないでしょうか?

 

医療従事者は、

 

基本的に慎重で心配性です。

 

人の身体の健康に関わることなので、

 

そういう感覚を持っていないといけないんです。

 

今回のコロナウイルスも、

 

人の健康・命に関わることです。

 

早く緊急事態宣言を出した方がいいとは思いますが、

 

政府は

 

いろいろな利権や保障のことなどを考えて、

 

二の足を踏んでいるんでしょうね・・・

 

まぁ、

 

何をしても批判する人は必ずいるので、

 

それを覚悟の上で

 

早めの決断が必要かと。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

2020.03.29更新

こんにちは!

 

マスクはどこに行った???

 

相変わらずですね。

 

ここ1ヶ月くらい、

 

全く買えていません。

 

どこも入荷未定のまま、

 

予約さえできない状況です。

 

医療機関にのみ販売するところでもそうなんです。

 

すでに

 

マスクがなくなったところも増えているんじゃないかと。

 

一体どこに行ってるんでしょうね???

 

月に5億枚作っているはずなのに、

 

どこにどう流通しているのか、

 

もはや謎ですね。

 

医療機関優先となっているものの、

 

その医療機関でさえ買えない・予約もできない、

 

という状況なので、

 

一般の方はなおさら買えないはずですし、

 

本当に困っていると思います。

 

マスクはどこなの???

 

お肉券とかお魚券とかも合わせて

 

謎は深まるばかりです。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.28更新

こんにちは!

 

今回は質問④にお答えします。

 

 

「なんで前歯から治療してくれないの?」

 

歯医者なら言われた経験があると思います。

 

これには理由があります。

 

「まずは奥歯をしっかり噛めるようにしてから前歯を治す」

 

これが歯科治療の鉄則です。

 

もちろん、

 

見た目は先に最低限なんとかしますし、

 

前歯しか治療するところがなければ、

 

前歯の治療をします。

 

ただ、

 

奥歯の咬み合わせが確立されていない場合は、

 

前歯を先に治療したとしても、

 

上手くいきません。

 

というのも、

 

奥歯の位置が決まらないと、

 

前歯の位置を決められないんです。

 

奥歯をしっかりと噛めるようにして、

 

咬み合わせが安定した状態で、

 

前歯を作ります。

 

前歯を先に作ってしまうと、

 

やり直しや修正が必要になるんです。

 

治療計画を立てる=順序がある

 

そういうことです。

 

このように、

 

患者様の希望と違うところからすることもあります。

 

これが「医療」です。

 

「希望通りのことをしてくれない」

 

でも、

 

その理由をきちんと説明してくれる歯医者は、

 

信頼できると思います。

 

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

2020.03.28更新

こんにちは!

 

今回は、

 

質問というか疑問かな?と思うので、

 

番外編です。笑

 

 

「歯医者は儲かるんでしょ?」

 

そんなイメージがあるかもしれませんが、

 

実際はそうではないんです。

 

「昔は儲かっていた」

 

それは間違いないと思います。

 

バブルの頃はすごかったらしいですからね。

 

今よりも歯医者が少なかったので、

 

何もしなくても患者さんがわんさか来るし、

 

むし歯もすごく多い時代だったから治療も多い、

 

そんな感じだったらしいです。

 

が、

 

今はそんなことはありません。

 

歯医者の数が増えすぎてしまい、

 

更に少子化も進んできて、

 

昔のようにはいかないんです。

 

増えすぎた歯科医師を抑制するために、

 

国家試験の合格率も下がっています。

 

そして、

 

歯医者になろうと思っていた学生さんが、

 

歯医者のことをネットで調べると、

 

「ワーキングプア」

 

「ここ数年で収入○○%減」

 

という衝撃の現状を知り、

 

歯学部に入らない傾向になっているようです。

 

優秀な人材が歯医者になってくれないのは、

 

非常に残念なことですが・・・

 

ただ、

 

私は

 

歯医者の未来は暗くないと思います。

 

ちゃんと勉強して、

 

ちゃんと技術を身に付け、

 

ちゃんと患者様と向き合って治療をすれば、

 

ちゃんと働いた分の収入を得ることができます。

 

絶対に必要な職業ですし、

 

真面目に歯科治療に取り組めるのであれば、

 

やりがいのある仕事です。

 

最初は苦しいかもしれませんが、

 

ちゃんとすれば、

 

おのずと収入もついてきますからね。

 

全ての歯医者が

 

未来ある子どもたちに、

 

「自分も将来歯医者になりたいな!」

 

と思ってもらえるような歯医者にならないといけませんし、

 

その目標を手助けできるような環境にしないといけませんね。

 

私もそう思ってもらえるように、

 

精進してまいります。

 

 

 

・・・

 

なんだか話が逸れましたが、笑

 

歯医者の年収については、

 

ネットで調べてみてください。

 

労働時間や背負っている責任などを鑑みると、

 

高いか安いかは判断しかねますが。

 

ちなみに、

 

バブルの頃は

 

平均で2000万円超えていたようです。

 

すげー!!

 

そりゃ歯医者になる人増えますよね。

 

私?

 

ヒミツです。笑

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

2020.03.28更新

こんにちは!

 

今回も質問に対してお答えします。

 

 

「親知らずは大学病院じゃないと抜けないの?」

 

そういうわけではありません。

 

普通の歯医者で抜けることもあります。

 

とはいえ、

 

できる先生は限られています。

 

よくあるのが、

 

親知らずをどうすればいいか歯医者で診てもらって、

 

「これは大学病院で抜かないといかんね。紹介状を出しましょう。」

 

と言われたものの、

 

曜日も時間も合わないし、

 

予約は取れないし、

 

どうすればいいの???

 

となってしまうことですね。

 

ほとんどの歯医者が大学病院を紹介するんですが、

 

大学病院って、

 

平日しか開いてないし、

 

開いてる時間が短いですし、

 

なかなか行けない患者様が多いんですよね。

 

当院には

 

そんな患者様からのお問い合わせが非常に多いです。

 

そして、

 

ほぼすべてのケースが当院で抜けます。

 

全然お口が開かないとか、

 

嚢胞ができていて、すごく深い位置にある親知らずなど、

 

めちゃくちゃ条件が悪い症例でない限り、

 

抜くことが可能です。

 

麻酔から始めて、

 

30分以内で抜けることがほとんどですね。

 

早ければ10分程度です。

 

実績としては

 

年間150~200本といったところでしょうか。

 

お困りの方は、

 

ぜひご相談ください。

 

 

 

・・・といっても、

 

当院に来院できない患者様は、

 

じゃあどこで抜けばいいの???となってしまいますので、

 

アドバイスを。

 

ホームページがある歯医者であれば、

 

「親知らず○本抜歯の実績があります」

 

とか

 

「水平埋伏歯抜歯が可能です」

 

という文章があれば、

 

大丈夫かと思います。

 

ただ、

 

スムーズに抜ける歯医者なのか、

 

1時間かけて何とか抜ける歯医者なのか、

 

それは分かりませんが・・・

 

他には、

 

「口腔外科専門医」のところでもいいとは思いますが、

 

抜歯が上手いかどうかは分かりません。

 

論文や研究などが優秀で専門医を取られた先生かもしれないので。

 

1番いいのは、

 

やはり「口コミ」ですね。

 

身近な人で親知らずを抜いたことがある人に

 

聞いてみましょう。

 

それが1番確実です。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

2020.03.28更新

こんにちは!

 

今回も患者様からの質問にお答えします。

 

 

「保険で全部キレイにして」

 

という方がいらっしゃいます。

 

当院の患者様にはほとんどいらっしゃいませんが、

 

これ、歯医者あるあるです。笑

 

一応できる限りのことはしますが、

 

限界はあります。

 

特に差し歯ですね。

 

前歯の差し歯の白い部分は、

 

保険だと樹脂になります。

 

色はどうやってもセラミックのようにはできません。

 

また、

 

奥歯のブリッジは

 

保険の決まりで銀歯になります。

 

白くはできません。

 

あくまでも、

 

保険は「国が定めた制度」です。

 

法律で定められているので、

 

それ以上のことはできません。

 

全国一律なので、

 

どこの歯医者でもできることは同じです。

 

そのことを踏まえて、

 

治療を受けるようにしましょう。

 

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

前へ
  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ