クリニックブログ

2019.04.18更新

本を読む女性

こんにちは!

 

ブログでも僕はよくセカンドオピニオンについて書いていますが、これ本当に大事なんです。

 

治療について不安や疑問があったり、他に方法はないのか気になったりすることは誰にだってあります。

 

歯医者も10人いたら多かれ少なかれ10人とも考え方が違います。

 

たとえ少しだけ方針が違っているだけだとしても、患者様にとっては大きな違いだったりします。

 

考え方だけでなく話しやすさなどの相性も関係してきますからね。

 

特に保険外の治療になると金額も高くなるので、いろんな意見を聞くべきだと思います。

 

不安を抱えたまま治療に移ってしまうのは精神的にもよくありません。

 

当院では保険外治療であれば、基本的に見積書や詳しい資料をお渡ししています。

 

それをしっかり確認してもらい、納得・同意をしていただいてから治療を始めます。

 

できれば医院で即決してもらうのではなく、お家でじっくり考えてもらいます。

 

僕は押し売りや強引なセールスが好きではないので、

 

「早く契約書にサインして」、「今日から治療しましょうよ」ということは全くありません。

 

必要があればセカンドオピニオン、サードオピニオンを聞いてもらって大丈夫です。

 

あ、ちなみに、ネット上でいろいろ調べるのはオススメできません。

 

正しい情報と誤った情報がごちゃまぜですし、

 

ちゃんと先生と面と向かって話すことが1番大切なことですからね。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階 

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.18更新

指を差す女性

こんにちは!

 

4月から料金の改定をしていますので、ホームページの「料金表」のところで確認をお願いします。

 

3月末までに見積書をお渡ししている患者様に関しては、有効期間内であれば

 

見積書の料金と改定後の料金を比べて治療費の安価な方を適用しますので、必ず見積書をお持ちください。

 

主な変更として、

 

クラウン(差し歯)に関しては、品質を落とさずに料金の引き下げを実現しています。(特にセラミック)

 

インプラントについては、仮歯やサージカルステントなどを含めた料金にしていますので、

 

値上げにはなっていますが実質的な金額は今までとほぼ同じです。

 

適正な料金になるよう熟慮して決定しておりますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階 

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.16更新

院長

こんにちは!

 

「先生が歯石を取ってくれるんですか?」とおっしゃる患者様もいらっしゃいます。

 

普段から結構取っているんですよ。

 

それに

 

歯石を取る=歯を1本ずつじっくり診ることができる

 

ので、どこかチェックしたいことがあったりする場合に歯石を取ることもあります。

 

「すべてスタッフに任せきり」というわけではなく、僕自身の目でチェックすることも大切ですからね。

 

前述の通り、患者様にビックリされることもありますが・・・笑

 

「院長は難しい処置しかしない」というわけではありませんので、安心してご来院ください!

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階 

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.16更新

こんにちは!

 

医療にはタイミングも大いに関係します。

 

例えば、歯石や着色がついてくるタイミングは人それぞれ違うので、

 

推奨される歯のクリーニングのタイミングはこちらからお伝えしています。

 

「親知らずは若いうちに抜いた方がいいのか?」と聞かれることもありますが、

 

その通りです。

 

若いうちはあごの骨が柔らかいので、抜歯しやすい環境です。

 

加齢とともにあごの骨が硬くなっていくので、若い頃より抜きにくくはなります。

 

2分割で抜歯できたものが、3分割、4分割しないといけなくなることも。

 

他にも、ホワイトニングをするなら、結婚式の1カ月ぐらい前から始めるくらいが

 

結婚式当日にベストな白い状態にできます。

 

前日にオフィスホワイトニングで白くすることも不可能ではないですが、

 

できればホームホワイトニングでムラのない白い歯にした方がいいですからね。

 

それ以外の処置においても推奨されるタイミングはありますので、

 

気になることがあれば、遠慮なくご相談くださいね!

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階 

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.16更新

こんにちは!

 

診療時間変更のための作業が思いのほか多く、診療時間以外も働きまくっています。

 

まぁ開業時の作業に比べれば、まだ全然楽ですけどね。

 

 

さて、インプラントのリカバリーやメンテナンスの患者様が増えてきたので、

 

秘密兵器をいくつか買いました!

 

↓これに入ってます。

ダンボール

 

インプラントメーカーは数十社以上あるので、それに対応できなければいけませんからね。

 

患者様に「○○というメーカーのインプラントを入れているんですが、治療をそちらでできますか?」

 

と言われたときに、できるだけ断らないようにしないと思っています。

 

患者様も、そのメーカーを扱っている歯医者を探し当てるのは大変だと思いますから・・・

 

当院は、「アストラテック」と「京セラ」のインプラント治療を行っていますが、

 

他メーカーのインプラントのメンテナンスや修理、リカバリーも可能です。

 

また、自分がどこのメーカーのインプラント入れているのか分からない場合でも、

 

レントゲン写真や部品の形などを調べて判断することができます。

 

世界中全てのインプラントメーカーを網羅できているわけではありませんが、お困りの方はご相談ください。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階 

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.14更新

新着情報でもお知らせしていますが、当院の「働き方改革」の1つとして、診療時間の変更をすることとなりました。

 

スタッフの負担を軽減し、よりよい歯科医療を提供するためです。

 

これまで遅い時間に来院されていた患者様にはご迷惑をおかけしますが、

 

このような措置を取ることとなりました。

 

平日の月・火・木・金の診療時間が

 

10:00~13:00、14:30~19:30

 

となります。

 

なお、土・日・祝の診療時間に変更はありません。

 

「患者様もスタッフも、より安心して通うことができる歯科医院にするための変更」

 

と思っていただけたらありがたいです。

 

多大なご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力の程、宜しくお願いもう押し上げます。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階 

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.13更新

こんにちは!

 

ブログで歯のことばかりになっているので、今日は違う話でもしましょう!

 

基本的にいつも歯のことばかり考えてはいますが、ちゃーんと息抜きもしています。

 

じゃないと、世の中のことが分からなくなったり、常識もなくなってしまいますからね。

 

数ヶ月前まではプレステ4やPSPをよくやってたんですが、最近はネットで動画をよく観てます。

 

今GYAOで無料でドラゴンボール改をやってるんですよね。

 

これ昔のドラゴンボールの余分な(?)ところを省いてデジタルリマスターしてあって

 

サクサク話が進むんで、いい感じで観れます。

 

もともとドラゴンボール好きですので、夜寝る前の楽しみとして観ています。

 

サイヤ人編~フリーザ編が1番好きなところで今ちょうどサイヤ人編ですからね。

 

観てたら小学生の頃やっていたドラゴンボールのゲームもしたくなってきたので、

 

プレステのゲームアーカイブスとかWiiUのバーチャルコンソールでダウンロードしそうな予感・・・

 

私、1度始めると止まんなくなっちゃうんですよね・・・笑

 

そういえば、PSPで進めてたアークザラッドⅡも途中になってたから、やんなきゃいけないなぁ。

 

でも仕事には絶対に差し支えないようにしてますんで、患者様はご安心くださいね!

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.13更新

マウスピース

こんにちは!

 

歯ぎしりしてる人、かなり多いです。

 

原因としては様々なものがありますが、

 

ストレスだったり、高さが合っていない被せ物が原因だったり、いろいろ考えられます。

 

最近はストレスで歯ぎしりされている方が多いような気がします。

 

歯ぎしりにはいくつか種類があります。

 

ギリギリ横に顎を動かして音がしたり、グーッと食いしばったり、カチカチ噛んで音がしたり。

 

音がすれば分かりやすいんですが、食いしばりはなかなか気付くことが難しいんですよね。

 

歯ぎしりがあると、顎の関節や歯に負担がかかったり、口周りや肩や頭の筋肉にまで負担がかかります。

 

顎関節症や肩こり・頭痛、歯周病の悪化などの原因にもなってしまいます。

 

当院では、レントゲン写真や咬み合わせを診て歯ぎしりがあると思われる場合は、必ず説明をします。

 

症状が出てからだと、治すのにかなり時間がかかることがあります。

 

歯ぎしりは意外とあなどれないので、症状が出た場合も早めに歯医者で診てもらった方がいいです。

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.13更新

困った女性

こんにちは!

 

保険のルールって分かりづらいですよね。

 

特に厚生労働省から患者様に説明や通達があるわけではないので、

 

ある程度ではありますが説明していきましょう。

 

 

保険診療とは、健康保険料を納めている人が利用できる制度で、

 

医療を受けた際に金額を軽減して支払うことができます。

 

その代わりルールがあるので、保険で決められた範囲の医療を受けることになります。

 

国の予算は限られていますし、歯科診療に振り分けられる予算は非常に少ないため、最低限の治療となるんです。

 

銀歯しかできないところに「なんとか保険で白いのにしてよ」と言われることがありますが、それは不可能なんです。

 

また、「この薬が根っこの治療に有効だと聞いたので、それを使ってほしい」と言われることもありますが、

 

保険で認められていない薬であれば、残念ながら使用はできません。

 

これは国が定めているものであり、歯科医師が自己判断で決めているわけではないんです。

 

このように保険には制限があるので、制限がかからない「自由診療(自費治療)」があるわけです。

 

自由診療であれば、患者様が治療法を選ぶことができたり、より精密な治療を受けることができます。

 

インプラントやセラミックの被せ物、矯正治療などがそれにあたります。

 

保険の根本的なところは、「ある程度噛むことができればいい」という考え方です。

 

むし歯を削って詰める → またむし歯になったら神経を取る → そこがダメになったら抜いてブリッジを入れる → ブリッジがダメになったら入れ歯を入れる

 

この流れに沿って保険治療は定められています。

 

・・・お気付きの方もいらっしゃると思いますが、最終的に入れ歯になることが前提です。

 

特に抜いた後の選択肢が乏しいんですね。

 

自由診療は、これを防ぐために存在します。

 

「ご自身の歯を守り、予防をして入れ歯にならないようにする。」

 

保険でできる範囲の治療は、もちろん保険を使って治療して全く問題ありません。

 

ただ、「絶対に全部保険で治療する」というのではなく、

 

「将来的なことも含めた最良の治療」について知っておいて、どう治療するのかご自身で選択するべきだと思います。

 

数年後、数十年後に困ったことにならないように、まずは歯科医院でしっかりと説明してもらってくださいね。

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

2019.04.11更新

こんにちは!

 

乳歯の下に永久歯がないことが割とあるんです。

 

現代人はあごが小さくて小顔ですから、歯も退化傾向にあるんですよね。

 

ただ、これがやっかいで、乳歯はいつか抜けてしまいます。

 

乳歯はもともと生え変わる前提の歯なので、長くても20~30代くらいまでしかもちません。

 

抜けてしまうと歯が1本足りなくなる・・・

 

そのまま放置すると、隣の歯が倒れてきたり、反対側の歯が伸びてきたりして、咬み合わせや歯並びが悪くなる・・・

 

困ったことになってしまうんです。

 

抜けたらブリッジやインプラント、矯正になるんですが、早めに気付いておいて将来的なことを決めておくことが大切です。

 

抜けた後に考えてもいいんですが、考えている間にどんどん状況が悪化してしまうことが多いので、

 

「抜けたらどう治療をするのか」を先に決めてしまった方が賢明です。

 

方針が決まったら、その時点で乳歯を抜いて治療を開始するのも1つの手だと思います。

 

この状況になるのは若くてむし歯が少ない方がほとんどなので、多くの方がインプラントを選択されます。

 

「ブリッジを入れるために両隣の歯を大きく削ることは避けたい」

 

皆さん、しっかりと将来的なことを考えていらっしゃいます。

 

 

そういえば、今日いらっしゃった患者様も乳歯が残っていてグラグラしていて、その下には永久歯がありませんでした。

 

なのに親知らずはあって横を向いて埋まっている・・・

 

いらない親知らずはあるのに、なんで必要なところの歯がないんだろう・・・

 

患者様と一緒に切なくなりました・・・

 

僕も最大限の力を発揮して治療していきますね!

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

前へ
  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:30 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ