クリニックブログ

2021.09.25更新

こんにちは!

 

インプラント治療において

 

人工骨やメンブレン(保護膜)を使う機会が非常に多いです。

 

半分以上のケースで使っている感じですね。

 

それだけ

 

歯を抜いた後には

 

骨が痩せてしまうんです。

 

また

 

上顎洞や下顎管までの距離も近接していることが多いですからね。

 

すんなりインプラントできるケースは限られています。

 

人工骨ではなく

 

自家骨を利用する方法もあるんですが

 

顎のどこかから骨を採取する必要があり

 

侵襲が大きくて患者さんの身体的負担が増えるので

 

当院では基本的に人工骨を使っています。

 

ただ

 

今までは国産の人工骨が少なく

 

海外に発注することが多くて

 

届くのに時間がかかることもよくありました。

 

なので

 

ある程度の在庫を抱えておく必要があり

 

使用期限を気にしながら使っていましたね。

 

最近では

 

国産の人工骨が充実してきたので

 

発注後数日で届くようになっています。

 

気にせず使えるのって気が楽ですね。笑

 

骨造成はお任せください。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日:水曜・日曜・祝日
    ※第一日曜のみ診療
    9:30〜12:45/13:30~16:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ