クリニックブログ

2021.04.09更新

こんにちは!

 

たまに、

 

「残っている歯が少ないから、いっそのこと全部抜いて総入れ歯にしたい」

 

という患者さんがいらっしゃいます。

 

そこで、今日は総入れ歯と部分入れ歯の違いについて書いていきましょう。

 

「総入れ歯」

 

歯が全くない状態、もしくは根っこだけになっていて、

 

完全に歯列全体を入れ歯で覆っています。

 

歯がなくなってしまった場合の最終手段です。

 

かなり大きいので違和感が強いことが多く、

 

特に下の総入れ歯は安定しにくいです。

 

歯の位置や形を自由に決められるので、見た目はきれいにできます。

 

「部分入れ歯」

 

失った歯の部分に人工の歯ぐきと歯を乗せて、

 

残っている歯に金具を引っ掛けて安定させます。

 

 

総入れ歯よりも形は小さくできますし、

 

安定感もある程度あります。

 

ただし、

 

残っている歯に負担はかかりますし、

 

見た目もあまりきれいではありません。

 

 

 

総入れ歯=それ以外の選択肢がない

 

部分入れ歯=いずれ総入れ歯になるリスクがある

 

ということです。

 

やはり、

 

部分入れ歯は金具を引っかける歯に負担がかかるので、

 

咬む力が強い人、硬いものが好きな人、歯ぎしりやくいしばりがある人などは、

 

歯がグラグラして抜く→入れ歯を新しくする→歯がグラグラして・・・・・

 

をかなりの確率で繰り返します。

 

「ウチでは部分入れ歯は取り扱わない。インプラントのみ」

 

という先生もいらっしゃるぐらいです。

 

インプラントで固定式の歯を入れるのが理想ですが、

 

「インプラントオーパーデンチャー」という方法もあります。

 

当院でも部分入れ歯は作ってはいますが、

 

あまりおすすめはしていません。

 

他の歯が悪くなるのが分かっているような治療ですからね・・・

 

私なら自分の家族には入れ歯を入れることはないです。

 

まずは入れ歯にならないように、

 

定期的に歯医者で検診とメンテナンスをしましょう。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ