クリニックブログ

2020.01.11更新

こんにちは!

 

歯の外科処置には様々なものがあります。

 

抜歯、歯周外科、移植、インプラントなどなど。

 

この中でも、歯周外科と歯の移植はマイナーな処置だと思いますが、

 

すごく大事な処置なんです。

 

歯周外科とは、歯周病が進行したところを外科的に治療したり、

 

歯ぐきの環境を改善するために行う外科処置です。

 

歯ぐきを切って開いて治療しますので、患者様が治療に踏み切れないことが多いんです・・・

 

「いや~、そこまではちょっと・・・」

 

よく言われてしまいます。

 

必要なときは歯周外科をする方が歯が長持ちするんですけどね。

 

歯の移植は、その名の通り、ダメになってしまった歯を抜いて、

 

抜いた穴にご自身の他の歯を移植することです。

 

親知らずを奥歯に移植するのは保険でできるので、

 

費用的にも有効な治療法の1つです。

 

が、これがいろいろ注意点があるので、難易度が高い処置なんです。

 

親知らずが感染していないことが条件ですし、

 

先に移植する歯の神経を取らないといけませんし、

 

大きい移植歯だと大きさの調整をしないといけませんし、

 

歯の組織が壊死しないように短時間で処置を終えなければいけませんし、

 

その他にもいろいろな注意点があります。

 

正直、インプラントにした方がシンプルなんですが、

 

条件が整っている場合は、移植することをおすすめしています。

 

まぁ、今の保険制度では採算とれてないんですけどね・・・笑

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

 

 

 

 

 

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ