クリニックブログ

2019.06.20更新

パノラマレントゲン写真

こんにちは!

 

歯の神経を取ると、その歯自体が脆くなってしまいます。

 

さらに金属の土台を立てると、歯が割れてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

割れたらほとんどの場合抜歯になる・・・

 

それで入れ歯になってしまっては困りますよね・・・

 

極力歯の神経は取らない方がいいんです。

 

よくあるのが、深いむし歯を取っていると、神経が一部出てしまうことがあります。

 

ただ、もともと痛みがなかった場合、ここでどうするか?

 

神経が出たから神経を取ってしまうのか、

 

それともなんとか神経を残すのか。

 

神経を取ってしまえば痛みが出ることはありません。

 

神経を残して治療をすると、麻酔が切れた後に痛みが出ることがあります。

 

正直、神経を取ってしまった方が痛みが出ないので、患者さんも楽ですし歯医者も気が楽なんです。

 

神経を残す方法を選択して後で痛みが出てしまうと、「あの歯医者下手じゃん!!」となることも。

 

ただ、長い目で歯のことを考えると、どちらがいいでしょうか?

 

僕は神経をなんとか残す方法で治療しますが、もちろん全てが上手くいくわけではありません。

 

上手くいけばその歯の寿命を延ばすことができますし、

 

もし痛みが出てしまったら、その時点で神経を取ればいいんです。

 

「神経が出たから神経を取らないといけない」

 

必ずしもそういうわけではありません。

 

 

807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:30 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ