クリニックブログ

2019.04.11更新

こんにちは!

 

乳歯の下に永久歯がないことが割とあるんです。

 

現代人はあごが小さくて小顔ですから、歯も退化傾向にあるんですよね。

 

ただ、これがやっかいで、乳歯はいつか抜けてしまいます。

 

乳歯はもともと生え変わる前提の歯なので、長くても20~30代くらいまでしかもちません。

 

抜けてしまうと歯が1本足りなくなる・・・

 

そのまま放置すると、隣の歯が倒れてきたり、反対側の歯が伸びてきたりして、咬み合わせや歯並びが悪くなる・・・

 

困ったことになってしまうんです。

 

抜けたらブリッジやインプラント、矯正になるんですが、早めに気付いておいて将来的なことを決めておくことが大切です。

 

抜けた後に考えてもいいんですが、考えている間にどんどん状況が悪化してしまうことが多いので、

 

「抜けたらどう治療をするのか」を先に決めてしまった方が賢明です。

 

方針が決まったら、その時点で乳歯を抜いて治療を開始するのも1つの手だと思います。

 

この状況になるのは若くてむし歯が少ない方がほとんどなので、多くの方がインプラントを選択されます。

 

「ブリッジを入れるために両隣の歯を大きく削ることは避けたい」

 

皆さん、しっかりと将来的なことを考えていらっしゃいます。

 

 

そういえば、今日いらっしゃった患者様も乳歯が残っていてグラグラしていて、その下には永久歯がありませんでした。

 

なのに親知らずはあって横を向いて埋まっている・・・

 

いらない親知らずはあるのに、なんで必要なところの歯がないんだろう・・・

 

患者様と一緒に切なくなりました・・・

 

僕も最大限の力を発揮して治療していきますね!

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:30 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ