クリニックブログ

2019.03.17更新

疑問2

こんにちは!

 

今日もよくある歯の疑問についてお答えしていきます。

 

 

「歯を抜くかどうかの判断基準は何ですか?」

 

よくある質問ですが、この判断で結構悩むこともあります。

 

大まかな基準としては

 

・むし歯が根っこの深くまで進行している

 

・歯が大きく割れている

 

・根っこの先の病巣が非常に大きく治る見込みがない

 

・歯周病が重度になってグラグラしている

 

など、他にもありますが様々です。

 

ただし、最終判断は患者様がすることになります。

 

患者様が絶対に抜きたくないのに、勝手に抜くようなことはありません。

 

抜かないことによるデメリットを十分に説明し、納得してもらってから治療をすすめます。

 

歯医者としては、抜かなくてもいい歯を抜くことはありませんし、できる限り残す努力はします。

 

患者様によっては、「いずれ抜くことになってもいいから、あと半年だけでも残したい」

 

という方もいらっしゃいます。

 

ただ、残せない歯を無理やり残すことで、他の歯に悪影響を及ぼすこともあるので、

 

そのことも考慮して残すかどうか判断しましょう。

 

ちなみにアメリカでは、少しでもリスクのある歯は先に抜いてしまい、インプラントを入れるそうです。

 

アメリカには保険制度がないので、高額な費用を払っていずれ抜歯になる歯を残すより、

 

リスクのある歯は抜いてしまってインプラントにした方が安心だ、ということらしいです。

 

ある意味、これも考え方の1つかもしれません。

 

抜歯するかどうか、特にボーダーラインの歯であれば悩ましい問題ですが、

 

迷った時は、他の歯医者で「セカンドオピニオン」を受けることも必要かと思います。

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    9:30~13:00 -
    14:30~20:00 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    14:30~18:00 9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ