クリニックブログ

2019.03.08更新

インプラント用ステント

こんにちは!

 

引き続きインプラントについて書いていきますね。

 

 

インプラント治療では「入れる方向」が大事です。

 

変な方向に入れてしまうと、差し歯部分がいびつな形になったり、長期的に安定しなかったりします。

 

インプラントを入れる位置は、骨の厚みや硬さなどにも影響を受けますし、3次元的なので、

 

正確に入れるためには専用の器具が必要になることもあります。

 

CT画像を基にした「サージカルガイド」や、上の写真のような「ステント」という器具があります。

 

「サージカルガイド」は方向だけでなく、深さまでサポートしているので、

 

入れる方向に余裕がなかったり、複数本入れるときに役立ちます。

 

「ステント」は、基本的に方向をサポートするだけですが、

 

簡単に作ることができ、費用も安く済むので、比較的簡単なケースで使用します。

 

なので、ステントは昼休みに自分でコツコツ作ってます!笑

 

フリーハンドでインプラントをすることもありますが、やはり万全な治療をしたいので、

 

ほとんどのケースでこれらの器具を使用しています。

 

追加の金額はかかりますが、安心・安全な治療をするためには必要なものだと思います。

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    9:30~13:00 -
    14:30~20:00 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    14:30~18:00 9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ