クリニックブログ

2018.12.04更新

こんにちは!

 

前回は歯石について書きましたが、今回は歯周病について詳しく。

 

歯周病とは大きく分けて2つに分類されます。

 

①歯肉炎:歯ぐきのみに炎症がある状態。

歯肉炎

歯肉炎は、歯石やプラークを取って歯ぐきの炎症が治まれば、元通りになります。

 

②歯周炎:炎症が歯ぐきを越えて、歯を支えている骨や靱帯にまで進んでいる状態。

軽度歯周病歯周病

歯周炎は、歯を支えている骨や靱帯を溶かしているので、それによって歯ぐきも下がっていきます。

 

CMなどによって、「歯周病=歯ぐきが下がること」と思われていることが多いんですが、

 

実は骨が溶けてしまう病気なんですね。

 

骨が溶けると、元に戻すことができません。(例外もありますが)

 

歯周炎が進行していくと、

 

「歯がグラグラしてきた」、、「肉が噛み切れない」、「口臭がする」、「歯ぐきが下がって見た目が悪くなった」、「出っ歯になった」

 

など、様々な症状が出てきます。

 

最悪の場合、多くの歯を抜かないといけなくなり、入れ歯になってしまうことも。

 

「入れ歯にはしたくないから、インプラントにしよう!」と思っても、

 

残っている歯の歯周病治療を徹底的にしないと、インプラントはできません。

 

歯周病は日本人の80%がかかっている病気で、

 

痛みなどの症状がないまま進行してしまう厄介な病気なので、

 

定期的に歯医者で治療をすることが必要です。

 

 

〒807-0075 北九州市八幡西区下上津役3-6-1 ハーモナイズ361-1階

 

あきづき歯科クリニック   院長 秋築

 

  • 歯にお困りの方は
    お気軽に当クリニックへ
    ご相談下さい

    診療時間日祝
    10:00〜13:00 -
    14:30〜19:30 - -

    ※ 休診日: 水曜日
    9:30〜13:00/14:30~18:00
    9:30~14:00

  • 〒807-0075
    福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
    ハーモナイズ361 1階

    西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ

〒807-0075
福岡県北九州市八幡西区下上津役3-6-1
ハーモナイズ361 1階

西鉄バス停「愛宕神社」徒歩すぐ